30.COFFEE STUDIO

とうとうバンコクにまで、韓国カフェの波がやってきました。

きっとみなさんも見覚えあるであろう、この自販機風ドア。

オープンしたばかりの”30.COFFEE STUDIO”は、マップを見ていただいても分かるとおりバンコク中心地から少し離れているので、タクシーがおすすめ。(サイアムエリアから15分くらい)

なんでこんな場所に作ったんだろうと不思議に思いましたが、サイアムにあったらきっと若者で溢れかえってしまいそう。それくらい魅力的な、たくさんの人に足を運んでもらいたいカフェでした。

店内は広々としていて、いたるところに電源もあり(もちろんwifiも)長居できそうな空間。

メニューは、Hot・Cold・Frappeから選べそれぞれで値段が変わります。

私は店員さんにおすすめされた抹茶ラテ(Cold)を、妹はエスプレッソ(Frappe)をセレクト。

一杯づつ丁寧に作ってくれたドリンクで、乾いた喉を潤しました。

ドリンクももちろん美味しかったけれど、このカフェの一番の魅力はフォトスポットがたくさんあるところ。

ドリンクの写真を撮るにも、可愛らしい写真を撮りたければこちらのピンクの壁で。

ちょっとクールに撮りたい時は、ネオンがアクセントのこちらの壁で。

人によってキュンとする、撮りたいと思うポイントは違うと思うけれど、どんな人でも楽しめる空間になっていました。

これは計算されたものなのか…偶然なのか…、本当のところは分かりませんが、こういう空間の作り方やデザイン性はもっと日本も参考にしてほしいな…。フォトジェニック・インスタ映えとかではなく、単純に女の子がわくわくするような場所や空間があれば、モノが溢れかえるこのご時世でも自然と人は集まってくるはず。

そんなことをうっすらと考えながら、私達もこの空間を思う存分楽しんできました。

 

撮る方も撮られる方も楽しい。

交通の便は悪いですが、(カメラを持って…!)ぜひ一度訪れてみてくださいね。


 30.COFFEE STUDIO

Leave a Reply