2021.02.17

実家を出て、かれこれもう5年が経とうとしている。通い慣れた沿線、予算、新築、気に入った間取りという理由だけで今の部屋に決めてしまったけど、この5年の間にこれ以上の物件に出会えず結局同じところに住み続けている。

うち4年は仕事に明け暮れていて、寝るためだけに家に帰ってくるという状況だった。だからインテリアなど住環境には特にこだわりがなくて、週末にお気に入りのパン屋さんへパンを買いに行くことだけが唯一の楽しみだった気がする。(たまたま、本当に偶然にも人気のパン屋さんが徒歩圏内にあったことは入居後知ることに。)

24時間営業しているスーパーもあるし、近所にはコンビニもある。少し歩けばコーヒースタンドも。治安も良いし住みやすい街、くらいにしか思っていなかった。(というよりあまり街自体に興味がなかったのかも。バンコクに移住しようと思ってたくらいだし。)

そして2020年4月。緊急事態宣言が発出されて否応無しに「おうち時間」を過ごさざるを得なくなる。遠出ができなくなり、徒歩圏内で日常を楽しまないといけなくなった。まずは部屋の環境を整えたくなって、模様替えもしたしテーブルや椅子を買い換えた。今までは枯らしてしまうからと(笑)買い控えていたお花を飾ってみたり、リモートワーク中にBGMを流すためにポータブルスピーカーを買ってみたり。

さらに公共交通機関を利用しなくなり徒歩圏内での生活がメインになったことで、大きな発見と変化があった。(旅先では1日に数万歩歩くのも珍しくなかったほど歩くことが大好きな私)どこまででも歩いていける。歩けば歩くほど、こんな素敵なお店があったのか!と新たな発見と出会いがあり、以前よりもこの街が好きになった。自粛期間があけたあとも相変わらずよく歩いていて、すっかりこの街のトリコに。あまり人には教えたくない喫茶店、カツやコロッケが美味しい精肉店、手作りのお惣菜たちが美味しい昔ながらの惣菜屋、veganなのに美味しいパン屋さん、青森のアンテナショップ(りんごやお米が美味しい!)などなど。こう綴ると飲食店ばかりですね。笑

あとは街の雰囲気も好き。素朴で、いい人ばかり。小さい子供からお年寄りまで行き交うこの街は温かい。

しばらくはここから離れられなさそう。

Leave a Reply